中国地区高等学校進路指導協議会会則


(名称)
 1.本会は中国地区高等学校進路指導協議会と称する。
(目的)
 2.本会は中国各県の高等学校の進路指導に関し,連絡調整,研究協議を行い,教育の充実向
  上に資することを目的とする。
(事業)
 3.本会は前条の目的を達成するため,下記の事業を行う。
  (1)進路指導に関する情報の交換,連絡調整および研究協議。
  (2)各種関係機関,団体等の連携。
  (3)その他必要と認めた事項。
(組織)
 4.本会は本会の趣旨に賛同する中国各県の高等学校進路指導の研究団体をもって組織する。
(役員)
 5.本会に次の役員をおく。
   会  長 1名 副会長   若干名
   常任理事 若干名 理 事 若干名   監 事 2名
(役員の任務)
 6.役員の任務は次の通りとする。
  (1)会長は本会を代表し,会務を総括する。
  (2)副会長は,会長を補佐し,会長に事故あるときは,その職務を代行する。
  (3)理事は,会長の諮問に応じ,本会の企画,運営に関する事項を審議する。
  (4)常任理事は,本会の事業の企画,立案,およびその他の重要事項を審議し,その運営にあ
    たる。
  (5)監事は本会の会計を監査する。
(役員の選出)
 7.役員の選出は次の通りとする。
  (1)会長,副会長は理事会で決定する。
  (2)理事は各県から3名あて選出し,うち1名は常任理事として各県において互選する。
  (3)監事は理事会で決定する。
(役員の任期)
 8.役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。
(会議)
 9.本会を運営するために,次の会議を開く。
  (1)理事会は毎年2回開催とする。特に必要あるときは,臨時に開くことができる。
  (2)常任理事会は必要に応じて開く。
(事務局)
 10.事務局は原則として会長勤務校におき,会務を処理する。
(経理)
 11.本会の経費は会費その他の収入をもってあてる。
 12.本会の会費は本会加盟の各県進路指導研究団体の負担とし,その会費については別にこれ
   を定める。
 13.本会の予算及び決算は理事会の議を経て,各加盟団体に報告する。
 14.本会の会計年度は,毎年4月1日に始まり,翌年3月31日に終わる。(付則)
(規約)
 15.本会の規約は,理事会の議決を経て改正することができる。
 16.本規約は,昭和52年 2月10日から施行する。
 17.改正   昭和57年 6月22日
 18.改正 平成 8年11月21日

全高進のトップへ戻る。